SI Laboratory

SI Laboratory's Work SIラボラトリーのお仕事

日本赤十字社 『 救急法基礎講習 』

日本赤十字社(Japanese Red Cross Society)

 

日本赤十字社の『 救急法基礎講習 』を受講してきました。

 

最初に、インストラクターの方から出された質問が出されました。

1.本日の受講目的と達成目標
2.赤十字について知っていること
3.救急法とは?
4.効率良く手当するのに必要なものとは?
5.現場でやってはいけないこと
6.8分間
7.指導員3忍の名前を書く
8.手当する上で大切な心構え

目的意識を持って物事に取り組むこと

自分なりの答えを必ず持っておくこと


この講習は、自動車運転をする方であれば、自動車教習所で必ず受けます。

 

『 一次救命処置  ~Basic Life Support~ 』

心肺蘇生法やAEDを用いた除細動など、心臓や呼吸が停止した傷病者を救命するために
行う緊急処置です。


短い時間の中で、ここは現場だと思って演習に臨みました。

 

いかにチームワークを組めるか?
現場での意思疎通が測れるか?

 

今日ここで得たものの中で、私の課題は、目に見える形となって表れ、
山積みとなりました。

今後克服していく良い機会です。

 

 

 


2017年10月から3ヶ月、バングラデシュにある難民キャンプを訪問した際、

残酷な現実を目の当たりにしました。

今はまだ伏せますが、自分自身の経験と重なり、同胞が苦しんでいるのを

放っておけませんでした。

見て見ぬ振りは、もう今の私には出来ませんでした。

今後、この道のインストラクターを目指そうと思います。

 

私の尊敬する人の一人にこんな言葉をいただきました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『 孤独とひとりぼっちは違う 』

 孤独な鳥の五つの条件 

一つ 孤独な鳥は高く高く飛ぶ

二つ 孤独な鳥は仲間を求めない

三つ 孤独な鳥は嘴を天空に向ける

四つ 孤独な鳥は決まった色を持たない

五つ 孤独な鳥はしずかに歌う


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 


今もまだ、この言葉が支えになってます。

 

孤独であることは、『勇気』があること。

ずっと日本の外から見守っていてくれてありがとうございます。

 

f:id:SenooLab:20180708235412j:plain
f:id:SenooLab:20180708235409j:plain

 

 

 

BB